*photo by Takuya Mitomo

2017年6月16日(金)、BETTARA映画座が始まります。

*BETTARA映画座は映画好きの「映画コミュニティ」です。
第1回のテーマは、映画好きにはたまらない映画『ニュー・シネマ・パラダイス』について話すトークイベントです。

ニュー・シネマ・パラダイスのあらすじにはこんな一説が。
「外界から隔絶した当時のシシリーの田舎の住人たちには、その映画館は村の外に通じる、たった一つの窓だった」
映画は時に、世界への窓の役割を果たすこともあるのです。

今、途上国の子どもたちに映画という窓を届ける移動映画館の活動をしている人たちがいるのをご存知ですか?


BETTARA映画座で、映画を初めて観る子どもたちのことを聞いて、改めて映画の力や魅力について考えてみる夜はいかがでしょう。
トークイベントのあとは、みんなでお酒を片手にワイワイ映画について話しましょう。
映画でつながるBETTARA映画座コミュニティがこの晩心地良く生まれることを願っています。

たくさんの映画好きの方を心よりお待ちしております。

開催概要

  • 開催日 2017/6/16(金)
  • 時 間 開場:19:15〜  開始:19:30〜 終了:21:30
  • 参加費 1500円(1ドリンク付き)
  • 定 員 30名
  • 参加資格 映画大好き、映画好き、映画まあまあ好き、映画に興味がある
  • 申し込み http://bettara.jp/contact/
  • 主 催 BETTARA STAND 日本橋 × NPO法人World Theater Project(ワールドシアタープロジェクト)
  • 場 所 BETTARA STAND 日本橋 http://bettara.jp/
    (〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-10-1)
  • アクセス 「小伝馬町駅」徒歩2分、「新日本橋駅」徒歩3分、「三越前駅」徒歩5分
 

*photo by 岩井由生
座長 教来石小織(きょうらいせきさおり)
NPO法人World Theater Project(ワールドシアタープロジェクト)代表理事。
2012年より途上国の子どもたちを対象にした移動映画館を開始。
団体としてカンボジアの子どもたち33,000人以上に映画を届けてきた。
2015年、日本武道館で行われたプレゼンコンテスト夢AWARDで優勝。
著書に『ゆめの はいたつにん』(センジュ出版)。


副座長 柴田大輔 (しばただいすけ)
1988年生まれ秋田県出身。鎌倉を拠点にシェアハウスやゲストハウスの運営、カフェ・バル・家具屋に関わりながら、街のコミュニティーづくりを仕掛けてきた経験を生かし、今年4月よりBETTARA STAND日本橋のコミュニティービルダーに着任。
自身も映画館をやることを目標に掲げ、映画は週1回は映画館で見るほどの映画好きである。
ちなみに2017年のベストヒットはグザヴィエ・ドラン監督の「たかがが世界の終わり」。

モデレーター 熊谷賢輔(くまがいけんすけ)
商社で6年間勤務をした後、2013年に自転車で日本一周を実行。2015年より新しいワークスタイルを実現させるため、仕事をしながらアラスカ→カナダ→アメリカ西海岸→メキシコ(バハカリフォルニア半島最南端ラパスまで)間、距離にして11,000kmを11ヶ月かけて自転車で走破。帰国後はYADOKARI株式会社代表である、さわだいっせいからの熱烈なラブコールに折れ(一度フってる)、BETTARA STAND 日本橋プロジェクトに参加し今に至る。本屋を併設したイベントキッチンスペースとして、今までにない形態の店舗マネージャーとして、日本橋から新しい文化の発信したい。

主催:BETTARA STAND 日本橋 × NPO法人World Theater Project(ワールドシアタープロジェクト)