旅に仕事を加えれば旅がもっと楽しくなる。-旅人と企業を繋ぐマッチングサイトを運営する株式会社SAGOJO 代表取締役 新 拓也

旅をするには理由があります。別に海外にこだわる必要はありません。国内であれば思っている以上に格安に楽しむ手段があり、もしかしたら旅が仕事に変わるかもしれません。

■ イベント概要

どんな時に一人旅をしたくなるのでしょうか。

人生を大きく変えたい、仕事の疲れでストレスが溜まっている、毎日同じパターンの繰り返しを憂いている…人によって旅する理由は違います。「そうだ、旅に出よう!」と思っても海外に行くにはお金がかかるし、時間も取れない。普段の生活を考えると、旅など幻想に聞こえるかもしれません。

我々が提案するのは旅に逃げるのではなく、自らが旅を追うこと。スケジュールを自分で考えて、行動すれば、旅に行くからこそ見れる景色と体験が待っています。出発前の自分と比べて、心が大きく変化していることに気付くはずです。

さらにお財布にも優しく、自分の旅が仕事になる。そして、また旅に出たくなる。
そのサイクルがあなたの人生を豊かにします。

そもそも旅の定義とは何なのか。バックパックを背負って海外を旅することだけが旅ではありません。行ったことがない町に行き、地域の食事を食べ、地元の人と話をすれば、それは旅であり冒険になります。旅はとても重要な行動であり、人生=ライフスタイルを生きていくうえでのヒントが隠されているはずです。

今回のイベントでは、国内海外問わずに旅人と企業をマッチングする「すごい旅人求人サイト」を運営する株式会社SAGOJO 代表取締役 新 拓也氏をゲストにお迎えして「将来の旅人の価値」とは?を深堀していこうと思います。もう一人のゲストは、一人のお子さんを持つ主婦でありながら数多くの旅をしてきた鈴木 由紀子さん。彼女の一人旅を楽しむための節約術やスケジューリングを聞きながら、新 拓也氏とのトークセッションをお送りいたします。

会場はYADOKARIが運営するBETTARA STAND 日本橋、日本全国のクラフトビール&日本酒など美味しいお酒を片手に語り合いましょう。

■なぜBETTARA STAND 日本橋で催しをするのか?

日本橋は東海道の起点であり、旅の起点でもあります。古くは江戸時代は、全国から集まる商人たちにとって商売の起点でもありました。BETTARA STAND 日本橋は「始まりの場所」として、来ていただいた方たちにとって「◯◯の始まりの場所」になれればと思っています。昔のような賑わいを取り戻し、皆が笑顔になるような場作りを目指していきます。

■ 開催概要

2017年3月1日(水)19時00分〜22時(開場18時30分〜)

19:00〜19:30 1部「お財布に優しい一人旅節約術」鈴木 由紀子さん
19:30〜19:40 ドリンクタイム 休憩
19:40〜20:10 2部 「将来の旅人の価値とは?」 新 拓也氏
20:10〜22:00 懇親会

場所:BETTARA STAND 日本橋
〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-10-1
最寄り:「小伝馬町駅」徒歩2分、「新日本橋駅」徒歩3分、「三越前駅」徒歩5分
http://bettara.jp/

■参加費

通常チケット:1500円(ワンドリンク+軽食付)

※【早割価格1200円】もご用意しております。
※ Peatixでの事前購入のみとなります。お早めにお申し込み下さい。
※ 会場内にはカフェ&バーを併設しておりますので、フード&ドリンクはキャッシュオンにてお買い求めください。

■参加申込:Peatix(事前決済のみとなります)
URL:http://ptix.co/2kJx3bP

■ ゲストスピーカー

・株式会社SAGOJO 新 拓也氏 プロフィール(画像の中心にいる方)
立教大学卒業後、商社で南米・アフリカからレアメタルの調達業務を行う。3年で退職し、「旅×ストーリー」をテーマにしたWebマガジン『Travelers Box』を立ち上げる。その後、編集者として株式会社LIGにて企業のオウンドメディア運営やコンテンツ制作に従事。2015年12月、株式会社SAGOJOを創業。
https://www.sagojo.link/

 

・鈴木 由紀子氏プロフィール
24歳で結婚をし、主人、娘と3人家族。専業主婦の頃に小さな娘と一緒に地図を見ながら遠方に旅行していたのがキッカケとなり、初めて訪れる街を歩く楽しみを覚える。現在は仕事の休みを利用し一人旅に出かけることが楽しみの一つになっている。お財布に優しい旅のプランニングがモットーで、旅は計画を練ることからワクワクが始まっていると自負。旅に出て知らない街を歩き、みたかった景色を訪れ、そこでしか手に入らないお土産を持ち帰る。そんなゆきこ流、旅のプランニングをご紹介します。

■ モデレーター(BETTARA STAND 日本橋 マネージャー)


・熊谷賢輔氏プロフィール
商社で6年間勤務をした後、2013年に自転車で日本一周を実行。2015年より新しいワークスタイルを実現させるため、仕事をしながらアラスカ→カナダ→アメリカ西海岸→メキシコ(バハカリフォルニア半島最南端ラパスまで)間、距離にして11,000kmを11ヶ月かけて自転車で走破。帰国後はYADOKARI株式会社代表である、さわだいっせいからの熱烈なラブコールに折れ(一度フってる)、BETTARA STAND 日本橋プロジェクトに参加し今に至る。本屋を併設したイベントキッチンスペースとして、今までにない形態の店舗マネージャーとして、日本橋から新しい文化の発信を、、、したい。

■主催・運営
BETTARA STAND 日本橋