Artwork: Naga(http://naga-uraedo.com

※本イベントは中止となりました。
お忙しい中、日程調整頂いたにもかかわらず、
ご迷惑をおかけしてしまい、大変申し訳ございません。
引き続き、BETTARA STAND日本橋をよろしくお願い致します。

****************************

「ヒップホップ」というストリートで育まれた文化の魅力に触れ、
コミュニティやマチづくりの現場に新しい視点を持ち帰ってみませんか?

参加申し込みは、コチラから!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://peatix.com/event/314118

****************************

1604年。江戸幕府の制定により、東海道・奥州街道・甲州街道など、江戸と各地を結ぶあらゆる「道」の起点となった日本橋。芸能や商売など、全国各地からやってきた多くの人や文化が交流するまちとして発展を遂げてきました。

時は流れ、2017年。当時もっとも「ストリート」だったこの地が今、スタートアップやアーティストなど、様々なクリエイティビティが交叉するエリアとして再び注目を集めていいます。

そんな日本橋の小伝馬町に昨年末オープンしたコミュニティスペース「BETTERA STAND日本橋」で、ストリートを日本橋的に解釈するカルチャーセッションが実験的にスタート。

街づくりやコミュニティの創造に、ストリートはどんなポテンシャルを持っているのでしょうか?世界から学び、江戸から始まる「日本橋すとり〜と」!

****************************

1970年代にアメリカのブロンクス地区で誕生し、世界各地に広まっていったヒップホップというストリートカルチャー。

これまで、さまざまな地域においてコミュニティ形成の一翼を担い、異なるバックグラウンドを持つ人々をつなぐコミュニケーションツールとして、重要な役割を果たしてきました。

この機会に、ヒップホップの歴史や文化の奥深さに触れ、これまでとは違った視点で、まちのことやコミュニティづくり、コミュニケーションについて考えるきっかけを持ち帰ってみませんか。

記念すべき第1回目のセッションには、二人のゲストをお呼びしています。「ほしい未来は、つくる」をコンセプトに国内外のソーシャルグッドな事例を紹介するウェブメディア「greenz.jp」の副編集長兼ミュージシャンのスズキコウタさん。そして、B-BOYとしてのバックグラウンドを活かしてマーケティングの世界で活躍しながら、ストリートに特化したNPO法人の共同代表もつとめる阿部将顕さん。

これまで異なる分野で活動されてきたお二人。当日は、ヒップホップを共通言語に、国内外のさまざまな事例を紹介頂きながら、マチづくりにおけるヒップホップの可能性に、一緒に考えを巡らせましょう。そして実際に頭で理解するだけでなく、ヒップホップ的な自己表現を通して自他とのつながりを体感していただく時間も設けているので、ご期待ください。

【イベント詳細】

日 程:2017年11月21日(火)19:30〜21:30(19:00開場)

場 所: BETTARA STAND 日本橋

住 所: 〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-10-1 宝田恵比寿神社横 駐車場跡地 http://bettara.jp/contact/

アクセス:東京メトロ 日比谷線「小伝馬町駅」徒歩2分 JR総武線「新日本橋駅」徒歩3分 東京メトロ 銀座線・半蔵門線「三越前駅」徒歩7分

参加費:2000円(ワンドリンク+BETTARA軽食セット付き)

定 員:30人
* 人数に空きがあれば当日参加も承ります。

参加申し込み:http://peatix.com/event/314118
*peatixサイトよりお申し込みいただきます

資 格: どなたでも参加可能

スケジュール:
19:00 開場
19:30 オープニングセッション/チェックイン
19:40 ゲストトーク+対談
20:20 表現のワークショップ
21:15 チェックアウト
21:30 交流タイム
22:00 閉会
22:30 完全撤収

【ゲスト】

 スズキコウタ|greenz.jp副編集長・表現長・ミュージシャン
1985年生まれ。 greenz.jpの記事企画・マネージメントの責任者をつとめる一方、ライターインターンを数多く育成。現在は、自らのビジョンを表現し波及させていける人びとを育成するため、「作文の学校」の講師をつとめる。「2kai Productions」のメンバーとして、ミュージシャン・選曲家としても活動中。

 阿部将顕|コミュニケーションディレクター
早稲田大学大学院(建築学)、博報堂を経て2011年より独立、現在に至るまで様々な企業・ブランドのコミュニケーション戦略立案をおこなう。いっぽう2012年、ストリートカルチャーに特化したNPO法人Street Culture Rightsを設立し、自身のバックグラウンドであるブレイクダンスを中心に多くの実験的プロジェクトをおこなう。

【モデレーター】

竹内謙二|現フリーライドスキーバム/元b-boy
1985年・土佐出身。フランス・日本・イギリスを舞台に奮闘してきた元b-boyだが、そこまで開花せず。試行錯誤を経て、房総半島の西海岸にある港町「金谷」へ移住。”フリースタイル” という言葉に滅法弱い。現在は、フリーライドスキーバムとして、世界中のパウダースノーを追い求める「麓暮らし」を目標に活動中。